• {{ item.count }}

常に見守ってくれるから安心!24時間有人管理マンションの特徴

  • {{ item.count }}
常に見守ってくれるから安心!24時間有人管理マンションの特徴

こんにちは。マンション管理カレッジがお届けするマンション管理ブログです。

マンションは、居住者の安全と安心のために、さまざまなサービスを提供してくれています。その1つが「24時間有人管理」です。今回は、24時間有人管理マンションの特徴を紹介します。

24時間有人管理マンションの特徴1:どういう意味?

【居住者の声】

マンションの情報を探していたところ、24時間有人管理の物件を見つけました。これは、管理員さんがマンションに住み込んでいるということなのでしょうか。

【マンション管理 対応のポイント】

24時間有人管理とは、文字通り「24時間常に人がいて管理している」ことをいいます。住み込みの管理員を想像される方もいるかもしれませんが、管理員の多くは外から通ってきている人であり、マンションに住み込んでいるわけではありません。

もちろん労働法規も守らなければならないため、昼は管理会社の管理員、夜は警備会社の警備員がいるパターンが多いと思われます。高級マンションなら、コンシェルジュが常駐している場合もあるでしょう。

24時間有人管理マンションの特徴2:「24時間管理」との違い

【居住者の声】

うちには小さな子供がいるので、安全に暮らせるよう24時間有人管理のマンションを探しています。情報を見ていると、「24時間管理」というマンションもあるようですが、これは「24時間有人管理」とは違うのでしょうか。

【マンション管理 対応のポイント】

「24時間管理」は、オンラインの防犯カメラなどを使って、24時間常に管理している状態をいいます。つまり、「24時間有人管理」と異なり、常に人がいるわけではありません。

もちろん、24時間管理でないマンションに比べれば、セキュリティ性能が高いのは確かです。「常に管理員・警備員がいる」ことに対して、どれだけの価値を見出すかが評価の分かれ目といえるでしょう。

24時間有人管理マンションの特徴3:管理費は高くなる傾向

【居住者の声】

新しいマンションを探していたところ、不動産屋さんから「やはり24時間有人管理の方が安心できますよ」と言われました。常に人がいるのですから、安全性が高いのはわかるのですが、逆にデメリットはあるのでしょうか。

【マンション管理 対応のポイント】

24時間有人管理のデメリットは、管理員や警備員の人件費が多くかかってしまうことです。24時間365日人がいるわけですから、総額は決して小さくありません。この費用は毎月の管理費に反映されるため、負担に感じる人もいるでしょう。マンションの安全性に寄与しているのは間違いないので、管理費の金額を確認した上で、それに見合っているか考えてみてはいかがでしょうか。

まとめ:安全性を重視するなら、24時間有人管理は魅力

マンションは規模が大きくなればなるほど、お互いに面識のない居住者が増え、部外者が入り込んでも気付きにくくなります。24時間管理員や警備員がいてくれれば、マンションの安全性は大きく高まるでしょう。安全な生活を重視するなら、24時間有人管理の物件を選択肢に入れてみてください。