• {{ item.count }}

使いやすくて効率のいい収納を実現!マンションの押入れ活用術

  • {{ item.count }}
使いやすくて効率のいい収納を実現!マンションの押入れ活用術

こんにちは。マンション管理カレッジがお届けするマンション管理ブログです。

マンションには、押入れやクローゼットが備え付けられている物件もたくさんあります。しかし、意外と使いこなせていない方は多いのではないでしょうか。今回は、マンションの押入れ活用術を紹介します。

上下と手前・奥で収納するものを区分しよう

【居住者の声】

私の部屋には割と大きな押入れがついているのですが、どうにも使いこなせている気がしません。整理整頓は心がけているのですが、いつも気がつくとゴチャゴチャになってしまうのです。押入れを使いこなす方法を教えてください。

【マンション管理 対応のポイント】

収納の基本はよく使うものを手前に、使用機会の少ないものを奥にしまうことです。特に押入れの場合、上下二段に分かれていることが多いと思われます。大人にとって、上段はちょうどいい高さにありますが、下段はかがまなければなりません。一方、お子さんにとっては下段が使いやすい高さとなります。

そこで、上段の手前側には衣類、下段の手前側にはお子さんのおもちゃや衣類などを置いてみましょう。奥にはヒーターや扇風機といったシーズン用品や、キャリーケース、アルバム、布団などを収納するのがおすすめです。なお、防災用品も奥にしまいがちですが、いざという時すぐに取り出せなければ意味がないため、ある程度置き場所を考えてください。

キャスター付き収納ケースで使い勝手がアップ

【居住者の声】

押入れの下段から物を取り出す時にいつも苦労しています。容量がそれほど大きくなく、奥の方にもそれなりに使う物を置いているためです。奥の物でも取り出しやすくする方法はないでしょうか。

【マンション管理 対応のポイント】

キャスター付きの収納ケースを下段に入れてみましょう。きれいに収納できるのはもちろん、簡単に引っ張り出すことができ、しまうのも取り出すのも簡単になります。お子さんが押入れをきれいに使ってくれない時にもおすすめです。なお、キャスターで床が傷ついてしまいそうな時は、マットを敷くなどして対応してください。

収納グッズに統一感を出し、インテリアとして活用

【居住者の声】

我が家の押入れは、結構きれいに片付いている方だと思います。それはいいのですが、見た目がどうにも冴えないような気がするのです。普段は襖を閉めていますし、他人に見せるような場所ではありませんからいいのかもしれませんが、もう少し格好のつく収納にできないでしょうか。

【マンション管理 対応のポイント】

収納ケースなどのグッズを見直してみてください。種々雑多な色・形状・ブランドのものを使っていないでしょうか。これらに統一感を持たせるだけでも、見た目はかなりよくなります。場合によっては襖やドアを外してしまい、「見せる収納」にするのもおすすめです。押入れをインテリアのひとつとして考えてみましょう。

まとめ:工夫次第で、押入れはとても使いやすくなる!

せっかく最初からついている収納スペースですから、押入れはうまく使いたいものです。配置を工夫し、収納グッズも活用して、家族全員が使いやすい押入れを作ってみてはいかがでしょうか。