• {{ item.count }}

意思表示が何よりも大切。マンションの迷惑ポスティング対策

  • {{ item.count }}
意思表示が何よりも大切。マンションの迷惑ポスティング対策

こんにちは。マンション管理カレッジがお届けするマンション管理ブログです。

マンションの集合ポストは、オートロックの前に設置されていることがほとんどです。そのため、大量のチラシやビラが投函され、迷惑している方も多いでしょう。どうすればポスティングをやめさせることができるのでしょうか。今回は、マンションの迷惑ポスティングへの対処法を紹介します。

マンションの迷惑ポスティング対策1:禁止の意思表示を行う

【居住者の声】

毎日家に帰ってくるたびに、ポストに大量のチラシが突っ込まれています。最初のうちは我慢して捨てていたのですが、チラシの量は減るどころか増える一方で、もう限界です。チラシを入れさせないようにする方法はないでしょうか。

【マンション管理 対応のポイント】

ポスティング対策の基本は、「入れないでほしい」という意思表示を明確にすることです。「ポスティング禁止」「チラシ・ビラの無断投函お断り」といった手書きのシールを貼っておくだけでも、相当効果があります。また、さらに強力に訴えかけたいなら「無許可で投函した場合は広告主に通報します」「配布業者を特定し回収を依頼します」といった文言を追加しておくといいでしょう。100円ショップでも、さまざまなポスティング対策ステッカーが購入できるため、好みのものがあれば使ってみてください。

マンションの迷惑ポスティング対策2:広告主に苦情を入れる

【居住者の声】

ポスティング禁止のステッカーを貼った結果、迷惑チラシはかなり減りました。しかし、それでもしつこくポスティングしてくる業者がいます。どうすればいいでしょうか。

【マンション管理 対応のポイント】

前項でも少し触れましたが、ポスティング禁止を訴えかけても効果がなければ、広告主に苦情を入れるのが有効です。多くの場合、ポスティングは専門の業者が委託を受けて行なっています。広告主からポスティング業者に注意してもらえれば、無断投函をやめる可能性はかなり高くなるでしょう。個人で通報してもいいのですが、管理組合や管理会社を通せば、重大なトラブルだと認識してもらいやすくなります。

マンションの迷惑ポスティング対策3:警察に通報する

【管理組合の声】

居住者からの訴えを受け、チラシの無断投函を止めてもらえるよう、広告主に苦情を入れました。しかし、それでもまだ完全にはなくなっていないようです。もうどうしようもないのでしょうか?

【マンション管理 対応のポイント】

ここまでやっても効果がないのなら、警察への通報も考える必要が出てきます。本来、ポスティングそのものは犯罪ではありません。しかし、投函禁止の意思表示をしているにも関わらず無断投函が続くようなら、住居侵入罪に問える場合があります。

まずは、通報という選択肢に触れつつ、広告主に再度苦情を入れるといいでしょう。広告主の認識が甘く、ポスティング業者に強く指導していない可能性もあるからです。それでも改善が見られなければ、近隣の警察署に相談してください。

まとめ:迷惑なポスティングには「いらない」と言おう

大量のチラシは、いちいち選別して捨てるだけでも大変なものです。強引に押し込まれていれば、郵便物を破損させることもあるかもしれません。黙って処分していても状況は変わりませんから、まずは「いらない」と意思表示することから始めてみましょう。